• 旬のトピックス

旬のトピックス

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
57ありました

注目
【体験】あいに行く、NIKKO ~日光まるごと体験旅~

 広大な面積と多彩な観光資源、自然や歴史・文化の奥深さを誇る日光市。その魅力を、まちあるきや自然のガイドツアー、体験プログラムなどで、様々な団体が伝えています。
 この取組は、こうした日光市内のガイド団体有志が、秋の一定期間を設けてそれぞれのツアーやプログラムを一斉に実施し、より多彩な楽しみ方に触れて頂こう、というものです。(※今回はじめての取組です!)
 
 「日光での楽しみかた」「日光の遊びかた」は、無限大です!行ったつもり、観たつもり、体験したつもりの日光。地元を愛するガイドやスタッフが、あなたのまだ知らない日光を楽しみ、遊ぶためのお手伝いをいたします。

 是非、もう一度日光へ!日光“愛”会い”に!

■期 間  
  2018年10月1日(月)~11月30日(金)

■ツアー/プログラム内容
  各団体が実施するツアーやプログラムの詳細は、
  下記の「添付ファイルを見る」をご覧ください。

■主 催
  「あいに行く、NIKKO」実行委員会
   Facebookはこちら

■協 力 
  東武鉄道株式会社 
(旬のトピックス / 2018年11月15日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
【体験】あいに行く、NIKKO ~日光まるごと体験旅~

注目
紅葉が色鮮やかにライトアップ!「屋台のまち中央公園もみじまつり(掬翠園もみじのライトアップ)」〔鹿沼市〕

 鹿沼市の屋台のまち中央公園で11月17日(土)から25日(日)までの9日間「屋台のまち中央公園もみじまつり」が開催されます。
 1600平方メールの園内にある日本庭園「掬翠園(きくすいえん)」の大もみじが紅葉する頃、「もみじ」がライトアップされます。真っ赤に染まった園内の「もみじ」がライトアップされると、幻想的な世界が広がります。

○期   間  2018年11月17日(土)~25日(日)17:00~20:00
        ※紅葉の色づき具合により、期間を変更する場合があります。
○場   所  屋台のまち中央公園(鹿沼市銀座1-1870-1)
○交通ガイド  電 車:東武日光線新鹿沼駅から徒歩約15分
            JR日光線鹿沼駅から徒歩約20分
         車 :東北自動車道鹿沼ICから約15分
○駐 車 場  30台(無料)
○問い合わせ  鹿沼市観光物産協会(屋台のまち中央公園内)TEL 0289-60-6070
(旬のトピックス / 2018年11月12日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
紅葉が色鮮やかにライトアップ!「屋台のまち中央公園もみじまつり(掬翠園もみじのライトアップ)」〔鹿沼市〕

注目
できたてのワインで、秋の実りを祝う!2018 HARVEST FESTIVAL「第35回収穫祭」〔足利市〕

 足利市の障がい者支援施設「こころみ学園」のワイン醸造場「ココ・ファーム・ワイナリー」で収穫祭「2018 HARVEST FESTIVAL」が11月17日(土)と18日(日)の2日間行われます。毎年11月の第3日曜日とその前日の土曜日に行われ、県内外から大勢の家族連れやカップルで賑わい、今年で35回目を迎える恒例の収穫祭です。
 晩秋の土曜日と日曜日の2日間、葡萄畑の下で、できたてのワインを堪能できます。今年造りたてのワイン「できたてワイン」やブドウジュース、ワインによく合うできたてのおいしいものを楽しみながら秋の実りをお祝いします。ハーベスト・キット(3,000円)をお求めの方はどなたでも参加できます。スペシャルゲストを招いての演奏会も開かれます。

○期   間  2018年11月17日(土)~18日(日)10:00~15:00(受付は8:00~14:30)
                       ※雨天決行 <毎年11月の第3日曜日とその前日の土曜日開催>
○場   所  こころみ学園の葡萄畑(足利市田島町611)
○料   金
 臨時バス乗り場で収穫祭チケット3,000円、または受付でハーベスト・キット3,000円をお求めの方はどなたでも参加できます。
 収穫祭入場チケットは、ハーベスト・キットと交換できます。
 ハーベスト・キットは、ワイン(またはジュース)引換券、バッジ、グラス(ホルダー付)、簡易カトラリーセット(フォーク、ナイフなど)などがついています。
○交通ガイド  公共交通をご利用ください。
        交通ガイドは、公式ホームページ(関連リンク)をご覧ください。
○問い合わせ  こころみ学園のワイン醸造場ココ・ファーム・ワイナリー TEL 0284-42-1194
        収穫祭電話ガイド TEL 0284-42-1807

(旬のトピックス / 2018年11月12日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
できたてのワインで、秋の実りを祝う!2018 HARVEST FESTIVAL「第35回収穫祭」〔足利市〕

注目
栃木・茨城の県境の人気のパワースポットで「鷲子山上神社の夜祭り」〔那珂川町〕

 鷲子山上(とりのこさんしょう)神社は、創建大同2年(807年)といわれ、大鳥居と御本殿の中央が栃木県と茨城県の県境に位置し、御祭神が天日鷲命という鳥の神様であることから、幸福を招く神様のお使いとして、「不苦労」「福老」とも記されるフクロウが崇敬されています。
 この神社には、日本最大級の大フクロウ(不苦労)像があり、運気上昇・金運福徳で人気のパワースポットです。
 鷲子山上神社の秋の祭礼は「夜祭り」として古式神事を今に伝えるもので、かつては旧暦10月16日の子の刻(夜12時)、17日の丑の刻(午前2時)、寅の刻(午前4時)の3回にわたり行われていましたが、現在は11月の第3土曜日の午後5時30分から行われます。夜祭りは、本宮祭・三本杉祭・御本殿祭の3つの祭りからなり、古い歴史の名残を今に伝えています。
 神事は、神職と氏子が中心となって行うものです。神事の内容は、アラゴモ(荒く織ったむしろ)に座って行い、その直後の直会(なおらい)はヒギ(栗の木片の盛皿)の上の味のついていない黒豆を肴(さかな)に一夜造りの甘酒で行われる厳粛なものです。
 また、夜祭りは別名「柚子祭り」とも呼ばれ、17日(土)、18日(日)は柚子をはじめ様々なお店が並びます。

○日   時  2018年11月17日(土)17:30~19:30頃 <毎年11月第3土曜日開催>
○場   所  鷲子山上(とりのこさんしょう)神社(那珂川町矢又1948)
○交通ガイド  東北自動車道宇都宮ICから約80分または常磐自動車道那珂ICから約70分
○問い合わせ  鷲子山上神社 TEL 0287-92-2571

★馬頭温泉の宿泊はこちら
(旬のトピックス / 2018年11月11日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
栃木・茨城の県境の人気のパワースポットで「鷲子山上神社の夜祭り」〔那珂川町〕

注目
【TV放映】11/17(土)7:30~ NHK総合テレビで「栃木足利 歴史と伝統の街で新しさを発見」を放映!

 「史跡足利学校」など歴史と伝統に彩られた足利市。昭和初期に繊維産業が日本一の生産量を誇り、花街などの歓楽街があちこちにありました。その名残で街のいたるところに華やかさを思い起こさせる古民家がたくさんあります。そんな街の歴史や伝統に現代の視点でスポットライトをあてて新しさを演出しようという試みが市民によって行われています。レトロな雰囲気をこよなく愛す人々との出会いを通じて、足利の魅力を再発見します。

○番組名   NHK総合テレビ「おはよう首都圏」
○タイトル  土曜すてき旅「栃木足利 歴史と伝統の街で新しさを発見」
○放送予定  2018年11月17日(土)7:30~8:00
(旬のトピックス / 2018年11月10日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
【TV放映】11/17(土)7:30~ NHK総合テレビで「栃木足利 歴史と伝統の街で新しさを発見」を放映!

注目
「おもてなしいちご隊」登録人数が4万5千を突破しました!!

栃木県を訪れる方々に対して自ら「おもてなし」に取り組む「おもてなしいちご隊」の登録人数が4万5千人を突破しました!(2018年10月31日現在)

「おもてなしいちご隊」は随時募集しております。
登録は、とちぎ観光おもてなし条例の趣旨に賛同し、自らおもてなしを実践することを宣言(登録申込書の提出)していただくだけでOKです!
ぜひ、「おもてなしいちご隊」に登録して、楽しみながらおもてなしをしてみましょう!

登録申込みはこちらから
(旬のトピックス / 2018年11月9日配信)
 こちらもチェック

注目
【お知らせ】「未来志向の環境にやさしい地域づくり事業シンポジウム」の開催について

 栃木県地球温暖化対策課では、新たな地球温暖化対策として、「地球温暖化対策(ECO)と地域活性化」が両立する取組を推進するために、平成28年度から「未来志向の環境にやさしい地域づくり事業」をスタートし、県内2地域(足利地域と大田原地域)で行政や民間事業者の共同による取組をモデル的に実施しています。
 今回、3年間の事業期間が終了することから、取組を県内に普及していくため、シンポジウムを12月2日(日)に宇都宮市のマロニエプラザで開催します!
 モデル的取組として、両地域で低炭素型移動手段(自転車・バス等)を使った取組が実施されことを受け、県民の皆様に身近な「自転車」をメインテーマとしたシンポジウムになっています。
 ご承知置きのとおり、県内では、DC(デスティネーションキャンペーン)で2次交通網としての自転車やバス、乗り合いタクシー等の低炭素型移動手段の活用が推進されており、レンタサイクルの配置も県内各地域で進んでいる状況です。
 そして、来年度にアフターDC(デスティネーションキャンペーン)も控えている時期ですので、地域で観光事業に関わる方々に、ぜひ参加いただき、取組にECOの視点も取り入れていただきたいと考えており、ご案内させていただきました!
 宇都宮大学地域デザイン科学部の協力、そして、県の観光関係事業の担い手の旗手のお一人でもある、元県職員(県観光交流課長、栃木県企業誘致・県産品販売推進本部長を歴任)の西須 紀昭(さいす としあき)宇都宮大学特任教授の協力を得て実施した、「栃木を元気にする+ECO」のヒント満載のシンポジウムですので、ぜひお越しください!西須特任教授がパネルディスカッションをコーディネートします!
 また、当日は、同会場内で県内最大クラスのECOのイベント「ECOテック&ライフ2018」も開催され、いろいろ楽しめる仕掛けとなっています!

詳細は、「添付ファイルを見る」をクリックしチラシ及び下記のHPをご覧ください。

詳しくは「関連リンク」をクリックしご覧ください。
※「未来志向の環境にやさしい地域づくり事業」で検索できます。

○開催日時   2018年12月2日(日)13:00~15:30
○会   場  栃木県立宇都宮産業展示館(マロニエプラザ小展示館)
        宇都宮市元今泉6-1-37
○料   金  入場無料
○定   員  先着200名
○申込方法   
 FAXまたはメールでお申し込みください。
 FAXの場合:チラシ裏面の参加申込書にご記入の上、切り取らずにFAXでお送りください。
 メールの場合:①氏名、②参加人数、③電話番号をご記入の上、件名に「シンポジウム参加希望」
        記載してご送信ください。
○申込期限   2018年11月28日(水)まで
○申 込 先  栃木県地球温暖化対策課環境学習・保全活動担当
        FAX 028-623-3259 メール cct@pref.tochigi.lg.jp
○問い合わせ  栃木県地球温暖化対策課
        環境学習・保全活動担当 COOL CHOICEとちぎ推進担当 小平(おだいら)
        TEL 028-623-3262・3297

(旬のトピックス / 2018年11月9日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
【お知らせ】「未来志向の環境にやさしい地域づくり事業シンポジウム」の開催について

注目
イルミネーションを見ながら下りる滑り台が大人気!「道の駅しもつけイルミネーション」〔下野市(南河内)〕

 下野市にある道の駅しもつけでは、11月15日(木)から1月31日(木)まで、イルミネーションが点灯されます。
 物見塔にかかるイルミネーションを見ながら下りる滑り台は子どもたちに大人気で、まるでキラキラ光る光の中を潜り抜けるトンネルのようです。

「インスタ映え」するということで、奇跡の一枚を狙ったインスタグラマーの方々も多数訪れていますが、撮影の時にはマナーを守ってお願いいたします。

○期   間  2018年11月15日(木)~2019年1月31日(木)17:00~19:00
○場   所  道の駅しもつけ(下野市薬師寺3720-1)
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線自治医大駅から車で約10分
         車 :北関東自動車道宇都宮上三川ICから約20分
○駐 車 場  340台(無料)
○問い合わせ  道の駅しもつけ TEL 0285-38-6631
(旬のトピックス / 2018年11月7日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
イルミネーションを見ながら下りる滑り台が大人気!「道の駅しもつけイルミネーション」〔下野市(南河内)〕

注目
約20万個のイルミネーションで街中が華やかに!「うつのみやイルミネーション2018」〔宇都宮市〕

 「うつのみやイルミネーション2018」が11月15日(木)から1月15日(火)まで開催されます。宇都宮市のバンバ・オリオン・ユニオン・東武馬車道の各通り商店街がそれぞれにLED電球約20万個のイルミネーションで華やかに彩られます。
 釜川周辺では、釜川沿いの樹木イルミネーションによる光があなたを包み込みます。
 オリオンスクエアでは、11月15日(木)のボジョレヌーボーの解禁日に合わせて、午後5時から点灯式が行われ、イルミネーションの光の中にシャボン玉が浮かび上がり、幻想的な空間が演出されます。当日は楽しいイベントも盛り沢山。

「インスタ映え」するということで、奇跡の一枚を狙ったインスタグラマーの方々も多数訪れていますが、撮影の時にはマナーを守ってお願いいたします。

○期   間  2018年11月15日(木)~2019年1月15日(火)17:00~21:00
○場   所  オリオンスクエア・釜川周辺・バンバ通り・オリオン通り・東武馬車道通り・
        ユニオン通り(宇都宮市)
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮駅から市内バスで約5分「県庁前」下車すぐ
            東武宇都宮線東武宇都宮駅からすぐ
         車 :東北自動車道鹿沼ICから約20分
○駐 車 場  周辺のコインパーキング等をご利用ください。
○問い合わせ  宇都宮まちづくり推進機構 TEL 028-632-8215
(旬のトピックス / 2018年11月7日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
約20万個のイルミネーションで街中が華やかに!「うつのみやイルミネーション2018」〔宇都宮市〕

注目
ライトアップされた世界をぐるり一周!「イルミネーションin東武ワールドスクウェア」〔日光市(鬼怒川温泉)〕

 東武ワールドスクウェアでは、11月3日(土・祝)から3月3日(日)までの毎日と3月9日(土)から17日(日)までの土・日、3月21日(木・祝)から31日(日)までの毎日、営業時間を延長して、「イルミネーションin東武ワールドスクウェア」を開催します。
 東京スカイツリー®、エッフェル塔、凱旋門、ミラノ大聖堂をはじめ園内に展示されている1/25スケールで精巧に再現された21ヶ国102点の世界の名所がイルミネーションライトやスポットライトで照らし出され、幻想的かつ華やかな世界を演出します。今年も約140万個のイルミネーションでお迎えします。併せて、西遊記シリーズ6場面の「台湾ランタン」を展示点灯します。
 また、プレイベントとして「イルミネーション無料DAY」を11月2日(金)の午後5時30分から午後8時30分まで行います。

「インスタ映え」するということで、奇跡の一枚を狙ったインスタグラマーの方々も多数訪れていますが、撮影の時にはマナーを守ってお願いいたします。

○開催期間
 2018年11月3日(土・祝)~2019年3月3日(日)までの毎日・
 2019年3月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・
 2019年3月21日(木・祝)~31日(日)までの毎日
○開催時間
 ■11/3(土・祝)~12/21(金)平日:16:30~19:30 土・日・祝日:16:30~20:00
 ■12/22(土)~1/3(木)16:30~20:30
 ■1/4(金)~2/8(金)16:30~19:00
 ■2/9(土)~3/3(日)17:00~19:30
 ■3/9(土)・3/10(日)・3/16(土)・3/17(日)・3/21(木・祝)~3/31(日)18:00~20:00
 ※時期により一部点灯時間の異なるエリアがあります。
 ※入園は閉園の30分前まで
○場   所  東武ワールドスクウェア(日光市鬼怒川温泉大原209-1)
○入 園 料  ■16:30まで:大人2,800円小人1,400円
        ■16:30以降:大人1,500円小人1,000円(園内で利用できる金券500円付)
○交通ガイド  電 車:東武鬼怒川線東武ワールドスクウェア駅から徒歩約1分
            または東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から日光交通ダイヤルバス日光江戸村行きで約5分
         車 :日光宇都宮道路今市ICから約20分
○問い合わせ  東武ワールドスクウェア TEL 0288-77-1055

★鬼怒川温泉の宿泊はこちら

★入園前に「いちご狩り!」
 日光ストロベリーパーク
 日光花いちもんめ
(旬のトピックス / 2018年10月30日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
ライトアップされた世界をぐるり一周!「イルミネーションin東武ワールドスクウェア」〔日光市(鬼怒川温泉)〕