なぐさきょせきぐん

名草巨石群

足利市

  • 歴史・文化・自然

2021年12月1日更新

栃木県の
このあたり!

県南エリア

大きな御供石、弁慶の手割石などがあり、国の天然記念物になっています。

弘仁年間弘法大師空海によって勧請されたと伝えられ、江戸時代中期には別当である金蔵院によって巨石の上に石宮、 後に弁財天像(現在も金蔵院弁財天堂に祀られる)が造立されました。江戸時代の祭典の際には、弁財天を運び祭礼を行っていましたが、明治維新の神仏分離により、 厳島神社となり平成元年新たに弁財天を造立しました。
鎮座している名草巨石群は国指定の天然記念物です。   
足利七福神めぐり社寺の一つで弁財天の神社です。

基本情報

住所 〒326-0001 栃木県足利市名草上町4990
問い合わせ先 名草公民館 0284-41-9977
アクセス 北関東自動車道 足利ICから約20分
北関東自動車道 太田桐生ICから約40分
東北自動車道 佐野藤岡ICから約40分

マップ

このページを見ている人が見ているページ

しおさかとうげのまんさく

塩坂峠のマンサク

きちじょうじ

吉祥寺

あしかがしおまたのみつばつつじ

足利市小俣のミツバツツジ

スポット一覧へ戻る