りゅうずのたき

竜頭滝

日光市

  • 歴史・文化・自然

2021年11月22日更新

栃木県の
このあたり!

日光エリア

日光三名瀑の一つとされる奥日光を代表する滝

男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝。
幅10メートルほどの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆で、滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれています。
5月から6月は赤紫色のトウゴクミツバツツジが咲き誇るオススメの季節。
また、9月下旬頃からは紅葉の名所として人気が高く、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観が楽しめます。観爆台から眺める紅葉に彩られた滝つぼの眺めは最高です。
(写真は、「日光フォトコンテスト入賞作品」を使用しています。)
竜頭滝は、華厳滝、霧降滝、裏見滝、湯滝とあわせて「日光五名瀑」として知られ、人気の観光スポットとなっています。

基本情報

住所 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠
問い合わせ先 日光市観光協会日光支部 TEL 0288-54-2496
アクセス 電車・バス JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで約60分「竜頭の滝」下車
日光宇都宮道路清滝ICから約30分
駐車場情報 台数 大型車(バス):44台
普通車:120台
備考 おすすめの時期は5月下旬~6月上旬頃、トウゴクミツバツツジが見頃となります。

マップ

このページを見ている人が見ているページ

ちゅうぜんじこ

中禅寺湖

ちゅうぜんじこはんぼーとはうす

中禅寺湖畔ボートハウス

ちょうじのたき

丁字の滝

スポット一覧へ戻る