りゅうもんのたき

龍門の滝

那須烏山市

  • 歴史・文化・自然

2023年1月18日更新

栃木県の
このあたり!

県央エリア

大蛇伝説も残る、壮観な大滝

那須烏山市の郊外にあり、那珂川に注ぐ江川にかかる、高さ約20メートル幅約65メートルの大滝。大蛇が住むという伝説があり、名前の由来にもなっています。滝を間近で見れる遊歩道があり、滝つぼの周辺まで降りることも可能です。
また、近くにある「龍門ふるさと民芸館」には、烏山に伝わる民話のコーナーや展望台もあります。
11月中〜下旬には鮭の遡上も見られます。天候によっては真冬に凍結も見られます。
滝の中段には、二つの縦穴があり、直径約4メートルの男釜(おがま)、直径約2メートル女釜(めがま)と呼ばれています。
滝の上に烏山線が走っており、春には、電車・滝・桜が一枚の写真におさまるので、写真スポットとしてもおすすめです。
龍門の滝から、川口松太郎氏の小説「蛇姫様」のモデルとなった姫の墓もある太平寺へは、徒歩3分の距離にあります。

基本情報

住所 〒321-0633 栃木県那須烏山市滝414
問い合わせ先 龍門ふるさと民芸館 TEL 0287-83-2765
公式URL https://yamaage.3g-kizuna.jp/machinaka/%E9%BE%8D%E9%96%80%E3%81%AE%E6%BB%9D
アクセス 電車・バス JR烏山線滝駅から徒歩約5分
北関東自動車道宇都宮上三川ICから約45分
駐車場情報 台数 50台
料金 無料

動画

【那須烏山民話アニメ】龍門の滝

龍門の滝の民話アニメーション動画

マップ

このページを見ている人が見ているページ

おちいし

落石

かわじおんせんかせんゆうほどう

川治温泉河川遊歩道

せんけいじ

泉溪寺

スポット一覧へ戻る