にっこうざんおんせんじ

日光山温泉寺

日光市

  • 歴史・文化・自然

2021年11月30日更新

栃木県の
このあたり!

日光エリア

全国でも珍しく庫裡に温泉を持つ寺

日光山温泉寺(にっこうざんおんせんじ)は薬師瑠璃光如来を本尊とし、世界遺産「日光山輪王寺」(にっこうざんりんのうじ)の別院です。日光を開山した勝道上人(しょうどうしょうにん)が延暦7年(788年)に湯元温泉を発見したことに由来します。
全国でも大変珍しい温泉に入ることができるお寺で、日帰り入浴(参篭)も受け付けています。
温泉寺では、4月下旬~11月末日まで写経体験もできます。

基本情報

住所 〒321-1662 栃木県日光市湯元2559
問い合わせ先 中禅寺立木観音 TEL 0288-55-0013
公式URL https://www.rinnoji.or.jp/temple/onsenji/
営業情報 営業時間 【期間】4月下旬~11月下旬
【受付時間】8:00~17:00(受付は16:30まで)
休業日 冬季休館
料金 ■日帰り入浴(参篭)
 大人500円 小人(4歳~小学生)300円
アクセス 電車・バス JR日光線日光駅または東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで約80分終点下車徒歩約5分
日光宇都宮道路清滝ICから約40分
備考 都合により「宿泊」は、当面お受けできません。何卒ご了承ください。

マップ

このページを見ている人が見ているページ

にっこうざんおんせんじ さいとうだいごまく

日光山温泉寺『採燈大護摩供』

にっこうふたらさんじんじゃ

日光二荒山神社

ちゅうぜんじこ・てんくうのほしぞらたくしー

中禅寺湖・天空の星空タクシー

スポット一覧へ戻る