にっこうふたらさんじんじゃちゅうぐうし

日光二荒山神社中宮祠

日光市

  • 歴史・文化・自然

2021年12月2日更新

栃木県の
このあたり!

日光エリア

中禅寺湖の北岸、男体山山麓の景勝の地に鎮座する神社

中禅寺湖の北岸、男体山山麓の景勝の地に鎮座する神社です。男体山の山頂にある二荒山神社奥宮と、日光市内にある二荒山本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれています。
中宮祠は、784年(延暦3年)に建立、境内は本殿など7棟が重要文化財に指定され、男体山の登拝口の近くにある巨大なイチイは、樹齢は1,000年を超えると推定されています。宝物館では、二荒山神社が所有する刀剣等の多くの宝物を展示しています。
本殿の横には、男体山の登山口があり、5月から10月に登山口の門が開きます。

基本情報

住所 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2484
問い合わせ先 日光二荒山神社中宮祠 TEL 0288-55-0017
公式URL http://www.futarasan.jp/
営業情報 営業時間 4月〜10月/8:00〜17:00
11月〜3月/9:00〜16:00
休業日 無休
料金 参拝は無料
アクセス 電車・バス JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで約55分「二荒山神社前」下車
日光宇都宮道路清滝ICから約30分
備考 ■花の見頃
 オオヤマザクラ/5月上旬〜中旬
 シラネアオイ/5月中旬〜下旬

イベント情報

男体山山頂に登ると、厚い雲海から赤い光が現われ、ご来光を堪能でき、息をのむ美しさです。

マップ

このページを見ている人が見ているページ

にっこうざんちゅうぜんじたちきかんのん

日光山中禅寺立木観音

いえみつびょうたいゆういん

家光廟大猷院

せかいいさんにっこうのしゃじ

世界遺産「日光の社寺」

スポット一覧へ戻る