にっこうとうしょうぐう

日光東照宮

日光市

  • 歴史・文化・自然

2022年2月22日更新

栃木県の
このあたり!

日光エリア

日本を代表する世界遺産

日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でも最も有名な「日光東照宮」は徳川家康公が祀られた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが1636年(寛永13年)3代将軍家光公による「寛永の大造替」で建て替えられたものです。
境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られています。
「眠り猫」の先にある家康公の墓所の奥宮に向かう道、東照宮から日光二荒山神社へ向かう参道など、強力なパワースポットが数ヶ所あると言われ、人気があります。
「日光の社寺」は、二社一寺(にしゃいちじ)とも称され、日光東照宮の他、日光二荒山神社(別宮本宮神社、別宮滝尾神社を含む)、日光山輪王寺(大猷院霊廟を含む)があります。
各スポットは、徒歩で数分の距離にあるので、ぜひ3ヶ所全てを見学することをおすすめします。
日光東照宮で開催される特に人気のお祭りは、5月の日光東照宮春季例大祭、10月の日光東照宮秋季大祭で、「百物揃千人武者行列」や神事「流鏑馬」奉納などが見られます。

▼「国宝陽明門」手直し工事のお知らせ▼

国宝陽明門の平成大修理が2017年(平成29年)3月に竣功してから4年余りが経過しましたが、屋根の雨漏りと胡粉塗部分の劣化・汚損の著しい進行が確認されました。
屋根の雨漏りについては、葺銅板を外しての調査による箇所の特定と修理を行う必要があり、胡粉塗部分の劣化・カビ汚損についても、劣化や汚損は想定よりも著しく早く進行していることから塗直し工事を行うことが必要であり、手直し工事を実施することになりました。
修理期間中は、陽明門全体が素屋根で覆われるため鑑賞できません。
ご参拝をされる方々には大変ご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

※陽明門手直し工事予定期間:2021年12月上旬~2022年3月下旬まで

基本情報

住所 〒321-1431 栃木県日光市山内2301
問い合わせ先 日光東照宮 TEL 0288-54-0560
公式URL https://www.toshogu.jp/
営業情報 営業時間 【拝観時間】
 4月〜10月/9:00〜17:00
 11月〜3月/9:00〜16:00
 ※各期間とも受付は閉門30分前に終了いたします。
休業日 無休
料金 大人・高校生1,300円 小・中学生450円

団体料金(35名以上)
大人・高校生1,170円 小・中学生405円

※小・中学生引率の先生は生徒と同額になります。

■拝観区域
 表門から陽明門・拝殿・石の間・東回廊(眠猫)・奥宮・本地堂(鳴龍)など
 ※祭典・諸行事や修理工事等により一部拝観の制限される場合がありますので、事前にお問い合わせください。
アクセス 電車・バス JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺温泉行きまたは湯元温泉行きで約6分「総合会館前」下車徒歩約5分
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から世界遺産めぐりバスで「表参道」下車徒歩2分または「西参道」下車徒歩5分
日光宇都宮道路「日光IC」から約5分
駐車場情報 台数 普通車約200台駐車可
※マイクロバス、大型バスは駐車台数に制限があります。
7日前までに要予約。
土・日・祝日、特別な行事のある日は駐車不可。
料金 バイク:400円
普通車:600円
マイクロバス:1,200円
大型バス:2,000円

イベント情報

新型コロナウイルス感染拡大のため、今年の「百物揃千人武者行列」・「流鏑馬」は中止となりました。

「百物揃千人武者行列」と呼ばれる豪壮な「渡御祭」を執り行います。

マップ

このページを見ている人が見ているページ

にっこうざんりんのうじ

日光山輪王寺

ちゅうぜんじだむ

中禅寺ダム

ふたられいせん

二荒霊泉

周辺の施設

にっこうざんりんのうじ

日光山輪王寺

にっこうふたらさんじんじゃ

日光二荒山神社

いえみつびょうたいゆういん

家光廟大猷院

スポット一覧へ戻る