世界遺産「日光の社寺」 せかいいさんにっこうのしゃじ

世界遺産「日光の社寺」

世界遺産「日光の社寺」
世界遺産「日光の社寺」
世界遺産「日光の社寺」

1999年(平成11年)の12月2日、モロッコのマラケッシュで開催された第23回世界遺産委員会において、「日光の社寺」が世界遺産に登録されました。

世界遺産に登録された「日光の社寺」の内容は、日光山内にある二荒山神社、東照宮、輪王寺の103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)の「建造物群」と、これらの建造物群を取り巻く「遺跡(文化的景観)」です。

  • 世界遺産の名称:「日光の社寺」(Shrines and Temples of Nikko)
  • 所在地:栃木県日光市
  • 登録遺産の範囲:二社一寺(二荒山神社、東照宮、輪王寺)及びこれらの建造物群をとりまく遺跡からなり、その中には国宝9棟、重要文化財94棟の計103棟の建造物群が含まれる。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県日光市山内