• イベントを探す








イベントを探す

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
99ありました
2
真岡の夏まつり〔真岡市〕

真岡の夏まつり〔真岡市〕

真岡が熱い3日間! 
 真岡市最大のイベント「真岡の夏まつり」が7月26日(金)から28日(日)までの3日間、行われます。毎年多くの人出で賑わいます。  初日の26日(金)は夏祭りの出陣式に当たる「宮出し・出御(しゅつぎょ)祭・町会渡し」が大前(おおさき)神社で行われます。宮出しの後の出御祭では多くの人が参加し、神輿(みこし)渡御(とぎょ)や屋台巡行の安全、五穀豊穣、疫病退散、産業発展を祈ります。その後、町会渡しが行わ…
県東エリア
3
ひまわり祭り〔益子町〕

ひまわり祭り〔益子町〕

青空に向かって大きく咲く、200万本のひまわり 
 益子町南部の上山(かみやま)地区に約11ヘクタール(東京ドーム約2個分)の大規模な「ひまわり畑」が出現し、太陽にも負けない鮮やかな黄金色に咲き誇ります。(入場無料)  8月10日(土)~18日(日)までのイベント期間中は、農産物等の直売(土・日・祝日のみ)や「ひまわり畑」の眺望を無料で楽しめる展望台が設置されます。  今年もひまわりを活用したまちおこしを実施する栃木県内の3町(益子町、野木町、上…
県東エリア
4
第50回真岡市夏祭大花火大会〔真岡市〕【花火大会】

第50回真岡市夏祭大花火大会〔真岡市〕【花火大会】

大迫力!目前で打ち上げる20,000発の花火 
 神輿(みこし)の川渡御(とぎょ)の明かり取り(照明の代わり)という、ユニークな理由から始まった真岡市の花火大会も今年で50回目を迎え、約2万発という全国有数の規模にまで発展し、毎年20万人を超える人出で賑わいます。  「神輿川渡御」とともに、市役所東側の五行川河畔で花火大会が行われます。花火は神輿が入水してから打ち上げられ、打ち上げ場所が観覧場から近いため打ち上げの瞬間も見ることができ大迫力です…
県東エリア
6
尊徳夏まつり大花火大会〔真岡市(二宮)〕【花火大会】

尊徳夏まつり大花火大会〔真岡市(二宮)〕【花火大会】

花火と音楽の大迫力のコラボレーション 
 「尊徳夏まつり大花火大会」は尊徳太鼓の勇壮な響きとともに幕を開け、約10,000発の花火が夜空を彩ります。尺玉花火のほか特大スターマイン、仕掛け花火などが、大迫力の音楽による演出の中打ち上げられ、会場は熱気につつまれます。会場となる鬼怒川河川敷内は、堤防沿いに芝生が広がっていて、ゆっくりと花火を観賞できます。  また、約100店の模擬店が立ち並ぶ中、花火打ち上げ前には郷土芸能の披露や盆踊りが行わ…
県東エリア
7
手筒花火〔益子町〕【花火大会】

手筒花火〔益子町〕【花火大会】

勇壮な掛け声とともに、吹き上がる火炎 
 益子町の夏祭り「益子祇園祭」を彩る「手筒花火」が7月23日(火)に打ち上げられます。「手筒花火」は東三河地方を代表する伝統的な民俗行事で、徳川家康が天下統一の後、17世紀初めに花火を打ち上げたのが始まりと伝えられています。益子町でも「益子祇園祭」に新しい風を入れて祭を盛り上げようと、地元有志らによる「下野手筒会」が本場・愛知県豊橋市でノウハウを学び、2005年(平成17年)から行っています。  …
県東エリア
9
【終了】中村夏祭り〔真岡市〕

【終了】中村夏祭り〔真岡市〕

中村地区の暑い夏!! 
7月13日(土)、14日(日)に長田交差点付近にて、中村夏祭りが開催されます。 地元中村地区の夏まつりで、活気溢れるお祭りです。14日はお祭り広場を開催し、 大神輿や、子ども神輿、山車屋台、お囃子など総勢600人がお祭りを盛り上げます  【日 時】  7月13日(土) 19:00~  7月14日(日) 12:00~ 【場 所】  13日:真岡信用組合長田支店からつばめ ザ・ブーム東…
県東エリア
10
あじさい祭り〔益子町〕

あじさい祭り〔益子町〕

かわいい稚児がアジサイを奉納 
 約5千株のあじさいが咲き誇る太平(たへい)神社で、恒例の「あじさい祭り」が行われます。初日の24日(月)には、4人の稚児(ちご)が巫女に扮し、「献花祭(けんかさい)」が行われます。  「献花祭」は、自然の恵みに感謝し、無病息災を祈願する神事で、春夏秋冬一年の四季を表す4人の稚児が願いをこめて、白・ピンク・紫色のあじさいを神前に奉納します。また、同日「献燈講社祭(けんとうこうしゃさい)」が執り行わ…
県東エリア
11
益子夜市 MASHIKO YOICHI

益子夜市 MASHIKO YOICHI

~夏の夜のましこだんらん~ 
日中の暑さも幾分おさまりかけた頃 益子夜市がはじまります そこは家族だんらんのようなところ 懐かしさも溢れ、心あたたまる時間が流れるところ 漂う夏ノ夜の空気が手伝って 大人も小人も 満面の笑顔が似合う夜 ヨルノマシコモ、マタタノシ 満天の星空とともに、楽しい、美味しい益子の夜をお届けします
県東エリア
12
真岡の灯ろう流し〔真岡市〕

真岡の灯ろう流し〔真岡市〕

ちりばめられた宝石のように川面に浮かぶ 
 毎年恒例の「真岡の灯ろう流し」が行屋川水辺公園で8月15日(木)に行われます。幽玄な趣きある千本灯明とかがり火が灯り、会場内は木々が赤や緑にライトアップされ幻想的な雰囲気につつまれます。  ステージでは納涼コンサートが開催され、郷愁を誘う演奏を聞きながら、 ちりばめられた宝石のように川面に浮かぶ4,000個の灯ろうが、やすらぎを与えてくれます。流し灯ろう(1セット:500円)は、当日会場で購入で…
県東エリア
13
益子祇園祭〔益子町〕

益子祇園祭〔益子町〕

「御神酒頂戴式」羽織袴の男衆が、大杯に注がれた熱燗3杯を飲み干す 
 益子祇園祭(ましこぎおんさい)は1705年(宝永2年)頃疫病が流行し、人々は生命を失い、作物は害虫にあい、天王信仰により祭りを行い、怨霊や疫病を鎮めたことに始まります。また、祭を通し豊作や幸福を祈りました。鹿島神社境内末社の八坂神社の祭礼で昔は天王祭と呼ばれていました。  現在では、氏子地区5町会(新町()・田町()・道祖土()・城内()・内町())が毎年当番制で行います。当番町には御仮屋(おか…
県東エリア
14
中村八幡宮例大祭「流鏑馬」〔真岡市〕

中村八幡宮例大祭「流鏑馬」〔真岡市〕

日本伝統の「流鏑馬」を目の前で! 
 中村八幡宮は、北関東に八社ある、八幡神を祭祀している一社であり、八(や)八(はち)幡(まん)と称され、広く知られるようになりました。  2019年9月15日(日)に、中村八幡宮秋の例大祭恒例の『流鏑馬(やぶさめ)』が行なわれます。江戸時代、仙台藩主伊達吉村が参勤交代の際に、「神馬」を奉納したことをきっかけに、例大祭で若者が弓の腕を競ったのが始まりといわれています。  中村八幡宮の『流鏑馬』は馬場…
県東エリア
15
【終了】芝ざくらまつり〔市貝町〕

【終了】芝ざくらまつり〔市貝町〕

本州最大級の面積!25万株のシバザクラが斜面を彩る! 
 市貝町の観光名所「芝ざくら公園」は小貝川をイメージしたデザインで配色され、芝ざくらの植栽面積が約1.8ヘクタールで本州最大級を誇ります。  4月6日(土)から5月6日(月・振休)まで「芝ざくらまつり」を開催します。赤、白、ピンク、紫とカラフルな約20万株の芝ざくらが斜面を彩り、多くの方の目を楽しませてくれます。  まつり期間中は、公園内のそば処「レストランはな」や直売所のほか、地元商店が多数出店…
県東エリア
16
もおか木綿踊り〔真岡市〕

もおか木綿踊り〔真岡市〕

見る人、踊る人ともに楽しめる! 
 荒町本通りを会場に交通規制を行い、流し踊りがにぎやかに実施されます。瑞穂踊りを基本に踊る流し踊りのほか、よさこいやヒップホップダンス、フラダンスなどの創作踊りも行われます。参加者は例年2,000人を超え、子供からお年寄りまで年齢層も幅広いです。見る人、踊る人、ともに楽しめる「もおか木綿踊り」。夏休み最後の思い出作りに、ぜひご家族でお出かけください。  
県東エリア
17
熊倉神宮桜まつり〔真岡市〕

熊倉神宮桜まつり〔真岡市〕

ふっくらかわいい八重桜 
・熊倉神宮桜まつり(熊倉公園)  八重桜の開花に合わせて開催される熊倉神宮の桜まつり。 ソメイヨシノの花見を見逃してしまった方も、ふっくらかわいい八重桜で作られる桜トンネルを散歩しながら花見をお楽しみください。  【開 催 期 間】4月14日(日)~4月21日(日) 【イベント日】4月21日(日)12:00~16:30 神輿渡御、お囃子など 【住 所】栃木県真岡市熊倉1-23-3 真岡…
県東エリア
19
【終了】鷲巣あじさいの集い〔真岡市〕

【終了】鷲巣あじさいの集い〔真岡市〕

オランダで賞を受賞したことのある名品種が咲く 
 今年も鷲宮(わしのみや)神社であじさいの集いが開催されます。  毎年たくさんの美しい花を咲かせる鷲宮神社のあじさいですが、2004年(平成16年)に11種約210株のあじさいが定植されており、その中にはオランダで10年に1度開催される国際園芸博覧会において、金賞を受賞した「フラウニュータイコ」や、ジャパンフラワーセレクションで、モーストジョイ特別賞を受賞した「フラウニューカツコ」など、名品種があ…
県東エリア
20
【終了】第103回益子春の陶器市〔益子町〕

【終了】第103回益子春の陶器市〔益子町〕

お気に入りの一皿に出会える10日間 
 恒例の「益子春の陶器市」が城内坂・道祖土(さやど)地区をメイン会場に益子町内各所で4月27日(土)から5月6日(月・振休)までの10日間開催されます。陶器市は1966年(昭和41年)から開催し、今回で103回目を迎えます。秋の陶器市とともに、益子町最大のイベントで、毎年大勢の人で賑わいます。  湯呑みや皿などの日用品から壷・花瓶などの美術作品まで多くの種類を通常価格より安く販売します。販売店約5…
県東エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設